債務者と期限の利益

人気のおすすめローンは?

債務者と期限の利益

 債務者と期限の利益の話。期限の利益とは、債務者に与えられた権利であり、ローンやリース契約などにおいて約束日が来るまでは履行することを請求されないというものです。つまり、約束の日までは返さなくても構わないってことになります。ただし、この権利だけだと借りる側に得があっても貸す側には得がありませんよね。そこで、この期限の利益を債務者が有する見返りとして、債権者は利息を受け取れるという権利があります。


 しかし、この期限の利益は失効してしまうこともあるので注意が必要です。失効してしまうのは、債務者が破産手続き開始の決定を受けた時と、債務者が担保を減少、減失、損傷させた時と、債務者が担保を供する義務を負う場合に供しない時となっています。民法第137条だったかな。ちなみに分割返済になる場合には、それぞれの返済ごとに期限の利益が存在しますが、おそらく全ての契約書において「支払いを怠った時には、残りの債務の全てを請求でき、更に債務者は弁済しなくてはならない」という約定があるはずですから、気をつけてください。期限の利益とは、返済期日までの弁済請求を退けるというものであって、結局、支払う必要があるということには変わりありません。


関連サイト

モビット即日融資!Web完結申し込み審査の流れ【在籍確認なし?】
モビットはWEBで完結する申し込みが便利ですね。
10秒結果表示&Web完結&即日振込可というポイントで申し込んでいる方が多いようです。こちらのサイトもチェックしましょう。
www.cardloan-webkanketsu.com/


Copyright (C) 人気のおすすめローンは?All Rights Reserved