的ローンの融資額と金利

人気のおすすめローンは?

公的ローンの融資額と金利

 公的ローンの融資額と金利の話をしてみようかな。住宅ローンの話なんですけども。そもそも、住宅ローンを組む時には公的か民間かを最初に選択します。それぞれに一長一短なんですけども、公的のローンの場合は財形住宅融資、自治体融資などがありサラリーマン、公務員などを対象にしているのが財形住宅融資です。こちらの場合、財形貯蓄を1年以上行っていて、貯蓄額が50万円以上ある人が対象となり、財形貯蓄額の最高10倍までの融資を受けることが出来るようになっています。


 しかし、財形貯蓄がいくらあろうとも、確か融資の上限は4000万円だったと思います。また、金利は5年ごとに見直されるタイプのものだった気がします。ただ、契約における保証は不要で、繰上返済にかかる手数料も無料だったと思うので、こまめに繰上返済したい人にはお得かも。自治体融資は、どこの自治体でも行っているということではありませんが、基本的に金利の面から言えば有利であることが多いです。ようするに、公的ローンの特徴は金利が有利だってこと。デメリットとしては、借り入れ限度額に制限があること、物件に対して厳しい制限がある場合が多いことなどでしょうか。民間の方が自由と言えば自由なので、そこら辺が難しいところ。



Copyright (C) 即日カードローンでおすすめなのは?All Rights Reserved